Word ( ワード ) 表を使ったレイアウト

表を使うというと、Excel ( エクセル ) と思われがちですが、

Word ( ワード ) の表もとても優れものですよ。

行ごとに列の幅も変えられるので、

複雑な表作りの場合は、

Word ( ワード ) の方が作りやすかったりします。

でも、計算となると Excel ( エクセル ) に敵いませんが・・・。

 

 

そんな  Word ( ワード ) の表の便利なところをご紹介します。

表を使うことによって、

「 レイアウトが綺麗にできる!」  ということ。

 

 

下の画像は、表を使わずに空白を挿入して文字をレイアウトしたものと、

表を使ってレイアウトしたものです。

 

 

そして、下の画像は、エクセルの文字を削除したものです。

 

表を使っていない方は、

ワード や パワーポイント という文字が動いてしまってます。

このように表を使ってレイアウトすることで、

他のレイアウトに影響しないということです。 ヾ(@°▽°@)ノ

 

 

また、罫線を削除するのではなく、

グリッド線に変更すれば、印刷されません。

     ※ グリッド線に変更されると、実線が点々の線になります。

 

そして、グリッド線の表示をオフにしておくと、

表があるなんてわからないですよ!

 

 

最後までお読みいただいてありがとうございました。

KSKパソコンスクール 小川和美

 

KSKパソコンスクール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です